栄養を残した精米「分づき米」のすすめ

0


    玄米には、食物繊維・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンE・鉄分・脂肪などの栄養素が豊富に含まれています。

    「玄米に栄養があるのはわかっていても、食べづらいしな・・」そのようなお客様におすすめするのが「分づき米」です。
     



    米ぬかの部分(表皮+胚芽)に、95%の栄養が含まれています。しかし、白米にすると
    95%がヌカとして捨てられ、白米時には5%の栄養しか残りません。



    そこで、玄米の栄養を残した精米、分づき米をおすすめしています。
    下記が、玄米・分づき米・白米の栄養比較です。
    白米に近くなるほど、栄養素が減っていきます。




    当店のお米は、すべて玄米の量り売りで販売しています。
    玄米を、店頭の精米機で精米致します。



    店頭精米なので、精米時にお米の精米度合を決めることが出来ます。

    普段食べている「白米」以外にも、「3分づき」「5分づき」「7分づき」などの分づき米が出来ます。
    数字が大きくなるほど「白米」に近くなります。

    分づき米をまず始めるのに一番おすすめするのが「7分づき」です!
    おすすめの理由は、見た目や食感が白米に近く、栄養もしっかり取れるからです。



    いくら栄養があっても、続かないと意味がありません。
    まずは無理のない「7分づき」から始めるのが一番だと思います。
     



    玄米を分づき精米すると・・



    玄米
    精米せずそのままなので、栄養素を豊富に含んでいます。不消化性繊維が多く消化に悪いので、必ず良く噛んで食べて下さい。

    1分づき・2分づき
    見た目もほぼ玄米です。少し傷を付けて水の吸収をよくしています。玄米を炊きやすくした感じです。

    5分づき
    胚芽・ヌカ共に50%以上残っています。玄米の香り・ご飯の甘みが楽しめます。
    水加減は少し多めにし、しっかり浸水させて下さい。(2時間以上)

    7分づき
    ヌカを7割除去しています。見た目も白米に近く食べやすい。炊き方も白米と同じ炊き方で炊けます。
    出来れば2時間ほど浸水すると美味しく炊けます。

    9分づき
    ほとんど白米ですが、白米よりお米の甘み・旨みを感じることが出来るという方も多いです。
    炊き方は白米と同じ、出来れば1時間ほど浸水すると美味しく炊けます。


    分づき米の炊飯のポイント
    ポイント1 1〜2回目のとぎ汁はすばやく捨てて下さい。(とぎ汁をお米が吸ってしまうと、ヌカ臭くなります)

    ポイント2 浸水時間を長めにとること。

    ポイント3 白米より少し多めの水加減。

    ポイント4 塩をひとつまみ入れて炊飯。

    ポイント5 分づき米は保温には向きません。余ったお米は、ジャーの中で保温せず、ラップに包んで冷凍保存して下さい。当日食べる場合は冷蔵保存でいけます。



    栄養満点の分づき米、ぜひ一度お試し下さい。

    分づき米には、安心安全の「特別栽培米」がおすすめです。
    「特別栽培米」とは農薬や化学肥料を栽培している地区の平均使用量50%以下で栽培し、認証を受けたお米のことです。
    お子様にも安心のお米となっています。

    「特別栽培米」のお米多数品揃えしています。詳しくはスタッフまでお尋ね下さいませ。

    フェイスブック始めました!「いいね」よろしくお願いします!
    https://www.facebook.com/dkyuhouji


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM